保険のいろいろ知識情報

保険いろいろ読本

健康ビジネスで成功を手にする方法
自動車やパソコンに比肩するほどのインパクトがあり、2010年には1兆ドルに成長するというその産業は、健康増進ビジネスの「ウェルネス」である

介護保険のしくみ
介護保険の何たるかをまるで知らない医者にかかることほど、ご高齢の患者さんにとって悲劇な事はない

図解 介護保険の改正早わかりガイド
、‘05年2月8日に国会へ提出された介護保険改革関連法案にもとづいて、‘05年10月と‘06年4月に介護保険がどのように変わって、どういった影響が予想されるか解説した一冊

社会保険料を安くする法―厚生年金・健康保険・雇用保険・労災保険
事務手続きは煩雑になりますがこの本の数十倍の社会保険料の節減効果を期待できると思います

日医標準レセプトソフト導入時に読む本
買いましたが「導入する為の本」ではありませんので、導入方法が書いてある訳ではありません

介護保険―地域格差を考える
介護保険制度がスタートして3年がたった。本書は、その現状を、制度の最前線を担う地方自体への取材に基づいてリポートしている

知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識―『自己責任』時代を生き抜く知恵
経営者であれば絶対に知っていなけらばならない内容が詰まっている良書です

国保崩壊ルポルタージュ・見よ!「いのち切り捨て」政策の悲劇を
実際国保の現場で働く自治体職員にとっても衝撃的な内容で、国保の抱える問題を事実を基にストレートに表現されている

交通事故と示談の仕方―交渉の仕方から賠償額の算定・解決手続き
交通事故に巻き込まれて頚椎骨折で長期の治療となりまして示談のやり方について正直よくわからなかったので、この本を購入させていただきました

交通事故示談必勝バイブル―極秘・損保会社と闘うテクニック
車の購入二週間で車庫証明をとりに警察署へ行く途中。おかげでなぜか事故処理で警察署へいく破目に…もちろん無保険車でした

交通死―命はあがなえるか
冒頭で「被害者という立場から、きわめて主観的に交通犯罪を考えたものにすぎません」と断っていますが、内容は大学教授らしい理詰めの展開です

交通事故―後遺障害等級獲得マニュアル
医学の発達で死亡者こそ減少したが、逆に多くの障害を抱えて生き残る被害者も少なくない

示談交渉人裏ファイル
いいことばかりが書いてあるパンフレットを通してしか接することのない損保会社ですが、やはり当然損保会社も営利企業な訳で・・・

絶対トクする!生命保険の入り方・使い方・見直し方
第1章は「公的保障」の説明からはじめ、「サラリーマンや公務員は遺族年金があるので必要な生命保険金額はこれを差し引いて考える」と極めて親切なアドバイス

社会福祉のゆくえを読む―介護保険見直保育制度改革支援費制度
障害は決して自己責任ではない。国が社会保障制度を放棄し、規制緩和によって福祉・医療を市場にゆだねること・・・

 

図解 生命保険のカラクリがわかる―自分でできる生命保険見直術!
最近多いアカウント型保険について触れられていないなどありますが、全体としては非常に良くまとまった、分かりやすい書籍です

この見直しで保険料が1/3になる―保険料1000万円得する方法
この本を読んで、ばくぜんとした不安感が薄らぎ保険に対する自分の考えが、やっと確率したように思う。タイトルに書かれている3分の1というのは大げさではない

トクする生命保険のかけ方・損する保険の見直―保険相談事例Q&A
ほとんどの人が加入している生命保険。しかし、自分の加入している保険の中身をよく知っているとは言えないんですよねぇ

掛けムダのない生命保険と年金の入り方・見直し方
それぞれの人がどのように生きていきたいかを基本に、それぞれが考え、一人一人違うものであっていい、ということが、本書を読むとわかってきます

あなたの生命保険見直術―やめる保険のこす保険はいる保険
ライフステージ別に現状入ってる保険からお勧め保険の比較がわかりやすくて実際的です